レディ

うつ病について絶対に知っておいた方が良いこと

この病気の特徴

診断

うつ病には様々な種類があります。その中には、メランコリー型うつ病や非定型うつ病などがあるのです。メランコリー型うつ病になると、意欲が低下します。主に、学習意欲ややる気などが健全な人に比べ低くなるのです。また、喜びを感じにくくもなります。ですから、何か嬉しいことがあっても心の底から喜ぶことが困難となります。
このことが原因で、喜ぶ表現をすることが苦手になってしまうのです。喜びの表現をするということは、人とコミュニケーションを円滑にする際には欠かせない要素となります。他にも、死についてよく考えるような症状も現れることでしょう。毎日のように自殺について考えてしまい、気分が落ち込みます。また、思考力も低下しているため、考えを上手く切り替えるようなことが困難となるのです。
新しい考えを持ち、思考を切り替えるという考えすらなくなる恐れがあります。そうなると、負の連鎖に陥ってしまい良くありません。このメランコリー型うつ病になりやすい人の特徴は、真面目で誠実な人や、周囲へ気を使いすぎる人です。やや完璧主義的な一面を持っており、責任感が強く自分に厳しいのも特徴的です。このようなタイプの人は、うつ病にならないように気をつけましょう。

非定型うつ病の人は、問題があると他人のせいにする傾向があります。気分の良い時と悪い時の波も激しいため、気分屋だといわれることもしばしばあるのです。メランコリー型うつ病とは違い、責任感もあまりなく、適当な一面もよく見られます。ですから周囲から、わがままな人だと思われることや、サボり上手な人だと思われることがあるでしょう。
この非定型うつ病の人は、症状が出る時とそうでない時で、症状にムラがあります。よって症状が出ている時は、メランコリー型うつ病のように体が鉛のように重く感じ、朝起きられないということもあります。またストレス耐性が低く、ちょっとしたストレスがかかると耐えきれなくなることもあるのです。このストレスが強いと、うつの症状が強く現れるようになります。

うつ病は薬を投与することによってある程度症状を改善することができます。しかし、完治するまでの道のりはとても長く険しいといわれています。うつ病に効果がある薬意外にも、不安を和らげるための薬もあり、この薬を飲めば不安を和らげることができるのです。この、抗不安薬をのむと、不安感以外にも、緊張感や恐怖心を鎮める効果があるとされています。ですから、情緒不安定になった時にこの薬を飲めば、気持ちを鎮め冷静になることができるのです。他にも、うつ病になると睡眠障害も併発することがあります。
そうなってしまうと、自力で眠りにつくことが難しくなるのです。ですから、睡眠薬を投与して強制的に眠りに導きましょう。睡眠は人が生命活動を続けていく上で、非常に重要な役割を担っています。寝ている間に情報の整理などを行ない、脳を正常に保つのです。また、体のホルモンバランスを整えることもこの睡眠中に行なわれるのです。
十分な睡眠をとることができなければ、薬を使っても鬱病の改善は難しいといえるでしょう。十分な睡眠が取れれば精神的にも安定してくのです。ちなみに、睡眠薬を使う際は、用法用量をしっかり守り、服用するようにしましょう。

Copyright © 2017 うつ病について絶対に知っておいた方が良いこと All Rights Reserved.