レディ

うつ病について絶対に知っておいた方が良いこと

完治するまでの流れ

医薬品

うつ病治療をして完治させるまでの期間は、過酷を極めます。うつ病が改善されるまでの過程には、急性期や回復期、再発予防期が存在するのです。まず始めは、急性期から入ります。この急性期は診断してから約3ヶ月の間のことをいいます。この、急性期の時は、十分な休養をとりつつ、薬物治療をしていくのです。この薬物治療を開始してから効果が現れるまでには、ある程度時間がかかります。ちなみに、この急性期が終わる頃には、イライラすることや、不安感が前と比べると改善されていることでしょう。
他にも、憂鬱感も和らぎ、意欲も回復してきます。ですから、生活への興味も戻り始め、日常生活に楽しみを見出だせるようになってくるのです。急性期の次は、回復期に入ります。回復期の期間は、4ヶ月から6ヶ月以上です。この時期は、非常に不安定な時期であり、少し間違うとまた最初のステップである、急性期へ戻ってしまいます。精神状態は、良い日とそうでない日のムラがハッキリと分かれてはいるのです。この時期になると、体長の良い日が多くなるので、もう完治したと勘違いしてしまう人がいます。そして、病院へ通わなくなることや、薬を飲まなくなることがあるのです。ですから、医師のいうことを信じて、自分で薬の投与をやめることや、病院へ通わないなどの判断をしないようにしましょう。
この回復期では、以前よりも気力が戻り、体も活発に動かせるようになってきます。そうなると、不思議なことに希死念慮が現れるのです。この希死念慮とは、一言でいうと、死にたくなる衝動です。うつ病の症状が回復に向かっているに連れて、希望が見え始めるはずですが、何故か死ぬことを考えるようになるのです。この希死念慮の怖い所は、突然自殺を図ろうとするところにあります。昨日まで元気だったうつ患者が、次の日には自殺していた、ということは珍しくはないことだといわれているのです。ですから、自殺を図らないかどうか、常に監視をしていることが重要になってきます。この、回復期が過ぎれば次は、再発予防期に突入です。再発予防期の期間は、回復期から約2年経つまでです。このように、うつ病の完治にはかなりの時間を要します。ですから、できるだけ一回でうつ病の治療に成功させたいところです。再発予防期には、社会復帰を果たす人も多くいます。
症状が安定している状態なので、特に仕事へ悪影響をだすということもないでしょう。しかし、油断をしてはいけません。なぜなら、うつ病はとても再発しやすい病気だからです。この期間に、薬の服用を一日忘れるだけでも、症状が悪化する可能性もあります。あと、薬を飲まなくても良いかどうかは、医師に聞いてから判断してください。

もし、自分がうつ病の可能性があれば、まずは精神科か心療内科へ足を運びましょう。そこで、うつ病かどうかのチェックをしてもらうのです。もし、うつ病だと判断された場合は、すぐにでも治療に入った方が良いです。また、家族には隠すようなことはせずに、ちゃんと伝えるようにしましょう。うつ病になったら、いかに早く病気を完治させることができるかがポイントになってきます。
ですから、家族にも完治するまで協力してもらうのです。そうすることで早い段階で、病気を完治することができることでしょう。今では、うつ病に関する情報は多く出回っています。テレビでもちょくちょく精神病に関しての話が出てくることもあるので、世間ではそれなりに認知され、理解も深まってきています。
ですから、怠けてるというふうには思われることはないでしょう。うつ病に関する書籍も大量にあるので、一度購入して家族に読んでもらうなどすると良いといえます。ある程度知識さえつけば、うつ病への誤解もなくなり、正しい対処法も知ることができるようになるでしょう。

Copyright © 2017 うつ病について絶対に知っておいた方が良いこと All Rights Reserved.